fukkatsuのブログ

鬱病治療中の日記です

歩けば楽しい。事もある

 今日はなんだか久しぶりに散歩に出ました。靴を履いて外に出るまでは、重ためだったのに…。歩き出したら足から先に進み始めます。こんな事、なかったのになぁ。とか思いつつ、今日28日はお不動様の縁日と言うこともあって、散歩私的3コースのうち、一番長く途中にお不動様をご本尊とする2ヶ寺に立ち寄るコースへ。雲は多いけど晴れ間が見えるのでスタートのBGMはルイ・アームストロングのwhat a wonderful worldです。おおよそ1時間コース、それでも、息が上がることも、足が重くなることもなく無事に歩き終わり。

 ただ残念なのは今月も世田谷観音のお不動様の法要はお休み。で、ふと「そうだ門仲に行こう」と思い立ったのでした。永代寺でもらい損ねている御朱印もあるし、深川のお不動様へのお参りもできるしな。と言うことで、今、それらを終えて昼食。

これから、何処に向かうか…思案中です。

虚無感

 今日は、特に気の重さはないのだけれど、胸騒ぎと脚の重さを感じて散歩は自重した。

 ファミレスには来て、YouTube見たり、復職関連の書類を読んだり、サイトのメンテしたりしてるんだけど、何か心の中の虚無感みたいなのを感じている。

 ヨガ瞑想で「胸が満たされているのを感じて」と誘導されると、自己暗示で光やイマジナリーペットの龍に心が照らされている感覚を覚えるのだが、今日は瞑想もしておらず、言ってみれば普通に過ごしているんだけど…。

 頓服も飲んではいるのだけれど、心の中の龍は寝てるみたいだし、なんとも言えないやるせなさで満たされてしまった。

 前からこんな事、あったっけ?忙しさやストレスで気づかなかっただけ?それとも鬱の症状なのかな?もう少し具体的に表現すると、泣く寸前みたいな…。そんな感じ。何度も「気合いだ‼️」と言い聞かせてるんだけどな。胸から背中に貫通した穴があるみたいに、空気も気合いも素通りしてしまう。

 前にもあったっけなぁ?そりゃ疲れて、何も考えたく無くて、職場でネット見て時間を潰してた事はあったけどさw

 こんなガランドウみたいな感覚…気持ち悪いな

他人のものを無断で使うなよ

 いやぁ、小さな事なんですけどね。

ファミレス、特にすかいらーく系はWi-Fiも電源も使えるので、このブログを書いたり、サイトの更新をする作業場所として便利に使わせてもらってます…

   で、店や席によっては、コンセントが2口で隣や背面の席と共有する配置になってたりしますよね。で、アタクシの場合、MacBookiPhoneiPad、それに加熱式タバコや時には予備バッテリーの充電や配電もしなくてはならないので、四つ口のタコ足用タップを持ち歩いて使ってるわけです。これなら、隣や後の席の人に迷惑かけずに使えるので。

 

 で、今、そろそろ帰るべ。と、思いコンセントからタップを引き抜くと二つしかささってないはずのアダプタが…何故か三つ。ん?んん?と思い三つ目のアダプタの行方を見たら背後の席に。

 あのさ、勝手に人のタップ使うなよな。二つ三つ電源使いたいなら、俺のマネしなさいな。良い大人が…。

と思った出来事でした。

間食が…。

 最近、間食が増えました。なるべく低カロリーもので済ませるのですが、気分が落ちかけている時など、ついつい手が出てしまいます。

 口寂しいのと、何かしなきゃ→面倒くさい→(多分、代替として)何か食うか。

と言う帰結になってるような。

 タバコもお陰で増えてますしね。なかなか、鬱との共存は面倒なのであります。

夢の話(今度は寝てる間の夢のこと)

 鬱治療のため処方されている薬のうち、就寝前に服用する薬が数種類あります。その中には、翌朝の活性度を上げるリフレックスの他、睡眠誘導剤も含まれます。

 どちらも睡眠に入るサポート薬ですから、元来、寝付きの悪かった私にはショッキングなくらい、素直に寝入ることになります。聞き方も中々ドラスティックで、徐々に眠くなると言うよりも、例えば神道の唱え言葉や仏教ならご真言を唱えてから寝ようとすると、記憶の扉がどんどんと閉じていくように、言葉が出なくなってきて、そして寝入っていくのです。

 これらの薬の凄いところは、これだけではなく夢…というか夢の記憶にも関与しているようです。昼、日中、ふと「あれ?これ昨日の夢で…」と言う記憶が蘇ってくることや、「そう言えば、今朝方の夢は…」と、部分的に夢を思い出すことがあるのですが、これが、映画ならワンシーンだけを取り出したように、パズルなら1ピースだけを拾い上げたように、前後の脈絡もなく、ただその場面だけしか思い出せません。それが良い夢だったのか、それとも悪夢だったのかも分かりません。電車に乗っている。車を運転している。あるいは誰かと会話している。そのシーンは思い出せるのですが、どこに向かっているのかも、何を話していたのかも分かりません。街並みや相手の顔は思い出せるのですが。

 今まで、健康だった頃は、夢の断片が思い出せれば、その周辺の記憶が芋づる式に思い起こされて、朝風呂の中で思い起こしたりもできたのですが、今は起きた直後に夢が断片化されてしまい、前後の繋がりも判らず思い起こすまでには至らないのです。

 寝覚めの悪さ。というものからは解放されましたが、自分の夢の行方が分からないというのは、案外、気持ちの悪いものなのですね。

復職しなきゃなぁ

 さて、そろそろ10月ですね。6月の初旬から休職をし、今月、私傷病休暇も有給も消化しきりました。そろそろ復職しないと、生活基盤が崩壊します。

 まぁ医師からは私の心がけ次第と言われているので、カウンセリングを受けてから復職手続きに入る予定です。

 

 と言う事を今週、うだうだと考えていたのですが、身体は正直なもので蕁麻疹は出てくるし…。頓服は再び常用しなきゃならないと言う。

 でも「ぶっ壊れても、貰うものは貰ってから」を心に、ちょっと頑張ります。

散歩をサボりました

 昨日、薬のお陰で朝のルーティンが出来上がっている。と書いた舌の根…指の根も乾かないうちに、ルーティンの中核、朝の散歩をサボってしまいました。

 タバコを吸って、メダカの餌やりをしたところで、気分が盛り上がらず、行きたくないなぁ…。となって、今日はサボる事に。

 ちょっと今週は不安定な感じが続いています。